クレンジングの種類ごとに特徴を比較してみる

  • クレンジング剤の比較と特徴

    • メイクを落とすクレンジング剤は色々あり、特徴を把握し、比較をして購入するようにしてください。

      オイルタイプのクレンジングは比較的メイクの落ちが良い物が多いです。
      ウォータープルーフのマスカラや、落ちにくい成分を使った口紅等も、専用の部分用メイク落としを使わなくても綺麗に落とすこともできます。化粧品は油性のため、同様の性質を持つオイルタイプだと非常に落とす力が強くなります。


      水などで洗い流した後は、洗顔料でダブル洗顔をする手間がかからない物も多いです。

      人気のクレンジング情報の豊富さで有名なサイトです。

      しかし、洗浄力が強すぎるため、脂性肌の方はすっきりと落とせますが、乾燥肌や敏感肌の方は、汚れを取るだけでなく、皮脂を取り過ぎてしまい、刺激を感じることもあるでしょう。


      その場合は、洗顔料との併用や部分用メイク落としが必要となりますが、比較的必要な皮脂が残りやすい、ジェルタイプやミルクタイプのクレンジング剤をおすすめします。


      ジェルタイプは、柔らかいゼリー状のタイプで顔全体にこすらずに優しく塗り広げた後に、水かぬるま湯で洗い流して落とせます。

      朝日新聞デジタルの情報サイトはこちらです。

      ミルクタイプは乳液状のタイプで、洗い流すか、ティッシュペーパーでそっと抑えるようにして、メイクを拭き取ります。



      ミルクタイプの方が、若干伸びが悪いことがありますので、顔をこすって刺激を与えないように気をつけましょう。

      極度の乾燥肌の方の場合は、コールドクリームでメイクを落とすことを勧めます。

      多めにクリームを取り、顔全体に広げた後に拭き取ります。べたつきがひどい時には、拭き取り用の化粧水を使うといいでしょう。

      ただ、アルコールが多く含まれる拭き取り用の化粧水は、アルコール過敏症の方が使うと、肌がかぶれる恐れがありますので、洗顔料を使うようにしてください。